« ブラボー仕立て屋東京!(前編) | メイン | 新作入荷情報2 ~foot the coacher(フットザコーチャー)~ »

ブラボー仕立て屋東京!(後編) とプチコラム始まる

2006年4月 7日

僕は夕方から宮本をスタジオに残して、
TO&COの秋冬展示会に向かう。
カッコイイブーツなどをセレクトしました。

次に靴の長谷川良治氏の秋冬展示会に向かう。
偶然にもエレベーターでイラストレーターのソリマチタカシさんに出逢う。
お互いびっくりで軽く笑いながら挨拶して別れる。

ソリマチ氏は本当にいつでもお洒落な方ですよ!
以前、メンズクラブドルソの広告で僕の似顔絵を書いて下さったことがあったり、
iillust.jpg


COOL STRUTTIN'&CO(クールストラティン)のネコロゴやボタンは
実は彼のイラストなのです。
そんなこんなで何度もお会いしていますね。

展示会では、渋みのあるブーツや品のある
ジュエリーカフスボタンをピックアップしておく。
長谷川氏は2日前のブログ「クールな偶然」の
陸上の為末選手の購入した靴を作った人で、
しばし、その偶然の話題を軽く彼に話した。


ところで、僕、ソリマチ氏、長谷川氏は
COOL STRUTTIN'&CO(クールストラティン)の仕事があって、
知り合った方々なのだ。
みんな興味深い人達ですよ!

ボスの濱田氏とワールドさんには
皆さんに出会えたことの意味でもとても感謝しています。

撮影に戻ろうとしてタクシーでスタジオに戻っていると
宮本から撮影終わりの連絡があって、
僕にとって記念の集合写真が幻になる。

残念また今度ね(>_<)

で、最終新幹線にギリギリ乗れるかが微妙な時間だったので、
恵比寿で泊まることにしました。
友人達に連絡してみると、
今日も先日の27日に花見をした軍団を中心にパーティーがあるそうだ。

当然のごとく深酒になりました。

本日より、ひとこと歴史コラムを開始します。


皆さんあの真田幸村って知ってますよね?
実は彼が生きていた戦国時代から、
江戸初期には幸村と呼ばれた事実がなく、
信繁と呼ばれていました。

本当は真田信繁が正解!

nobishige.jpg


江戸時代の大阪の講談師が勝手に幸村とつけたそうです。
信繁(幸村)って映画やテレビでは若くて2枚目のイメージですよね。
実はこんなに渋過ぎるダンディーなおじさんでした。

about this weblog
 大阪南船場でかれこれ十数年店舗を構える「BESPOKE TAILOR DMG」「made to」のオーダースーツを中心に取り扱うショップオーナー、小西正仁(通称KONY)が日常の生活や仕立て屋ライフについて語ります。
BESPOKE TAILOR DMG
BESPOKE TAILOR DMG
〒541-0059
大阪市中央区博労町4-2-7
  波多野ビル1F
TEL06-6243-7269
FAX06-6243-7268
info@bespoke-tailor-dmg.com OPEN-CLOSE/11:30-20:00
火曜定休日
http://www.bespoke-tailor-dmg.com/
パターンオーダースーツ
       ¥71,400〜
フルオーダースーツ
       ¥102,900〜
made to
BESPOKE TAILOR DMG 2nd
〒541-0059
大阪市中央区博労町4-5-6
野上ビル2F 205
TEL 06-6241-0203
FAX.06-6241-0234
madeto@bespoke-tailor-dmg.com OPEN-CLOSE/11:30-20:00
火曜定休日
made to オリジナル
レディメイドスーツ
       ¥50,400〜
■ 取り扱いブランド
〈ORDER SHOES〉
・Koji Suzuki -Spigora-
・Jason Amesburry from London
〈READYMADE SHOES〉
・TO&CO
・GMA
・foot the coacher
・AUTHENTIC SHOE&co
・YOSHIHARU HASEGAWA
〈CLOTHING〉
・made to
・HYPERION
・MONCLER
〈DENIM〉
・FULL COUNT
access map
アクセスマップ
rss feed
 RSSリーダなどで、このブログの更新情報をお手持ちの端末に取り込むことができます。
 RSSフィードは以下のデータのどれかをクリックして取得して下さい。
ATOM
RSS1.0
RSS2.0
monthly archive
recent comments
recent trackbacks
Powered by
Movable Type 5.02