« 新作入荷情報4 ~foot the coacher(フットザコーチャー)~ | メイン | ブルガリアヨーグルトは酸っぱかった!のだ »

メンインエポックについて

2006年5月 8日

5月12日金曜日の、読売新聞西日本版の朝刊にて、
現在長期連載中であるメンズファッションコラム、
「メンインエポック」が掲載予定です。


rogo.jpg
「メンインエポック」


このコラムはちょうど二年目に入りまして、
今回から少し残念ですが、少しだけ字数が減るのです。
また、これまで曜日が未定だったのですが、
第二金曜日の掲載が決まっておりますので、
今後共、読売新聞購読者の方は楽しみに期待していて下さい。

また、ホームページのプレス欄や、
このブログでも過去のメンインエポック集を見ることが出来ます。

九州を除く西日本一帯つまり南は四国、
北は福井辺り、西は山口県から関西、
東は岐阜辺りまでの世帯を中心に約270万部、
なんと約1千万人に届けられています。


japanmap.bmp
戦国時代の1580年頃で例えるなら、
中国の毛利、四国の長宗我部、和歌山の雑賀衆、
近畿から中部の織田などの各大名の領地に配られたと言える。
その頃だと京都がみやこですから、
日本の中心に配られたと言えなくもないのですよ。


その内何万人が読んでいるのか、はっきりとは分かりませんが、
以前、外食中に、隣の席の会話を何気に聞いていたら、
たまたま僕がその日掲載したコラムの内容と思われる話が、
他人の方々の会話の中で、広がっている光景に直面したこともありました。

確かに僕が書いた内容ですが、
それをきっかけに色んな場所で、しかも僕とは全く関係ない所で、
会話になっていることは、少しの恥ずかしさを感じますが、
「新聞に書く」という役回りとして、適切なことであるので、
ホッと安心する部分でもありますね!

内容的には中年を中心とした
年配者や主婦の方にも読み易い書き方をし、
お洒落に関心のない方が読んでも分かり易く、
ちょっとは男性のたしなみとして
興味を持ってもらえたらという考えの基で構成されています。

マニアックなものでも分かり易く書か無ければならないので、
書くことは、とても勉強になりますね。

メンインエポックについて次回は、
イラストを毎回書いてもらってる、
人気イラストレーターの仲里さんについて書きたいと思います。

about this weblog
 大阪南船場でかれこれ十数年店舗を構える「BESPOKE TAILOR DMG」「made to」のオーダースーツを中心に取り扱うショップオーナー、小西正仁(通称KONY)が日常の生活や仕立て屋ライフについて語ります。
BESPOKE TAILOR DMG
BESPOKE TAILOR DMG
〒541-0059
大阪市中央区博労町4-2-7
  波多野ビル1F
TEL06-6243-7269
FAX06-6243-7268
info@bespoke-tailor-dmg.com OPEN-CLOSE/11:30-20:00
火曜定休日
http://www.bespoke-tailor-dmg.com/
パターンオーダースーツ
       ¥71,400〜
フルオーダースーツ
       ¥102,900〜
made to
BESPOKE TAILOR DMG 2nd
〒541-0059
大阪市中央区博労町4-5-6
野上ビル2F 205
TEL 06-6241-0203
FAX.06-6241-0234
madeto@bespoke-tailor-dmg.com OPEN-CLOSE/11:30-20:00
火曜定休日
made to オリジナル
レディメイドスーツ
       ¥50,400〜
■ 取り扱いブランド
〈ORDER SHOES〉
・Koji Suzuki -Spigora-
・Jason Amesburry from London
〈READYMADE SHOES〉
・TO&CO
・GMA
・foot the coacher
・AUTHENTIC SHOE&co
・YOSHIHARU HASEGAWA
〈CLOTHING〉
・made to
・HYPERION
・MONCLER
〈DENIM〉
・FULL COUNT
access map
アクセスマップ
rss feed
 RSSリーダなどで、このブログの更新情報をお手持ちの端末に取り込むことができます。
 RSSフィードは以下のデータのどれかをクリックして取得して下さい。
ATOM
RSS1.0
RSS2.0
monthly archive
recent comments
recent trackbacks
Powered by
Movable Type 5.02