« 最高に気になる見たくない試合!でもやはり見たいような、見たくないような…その2 | メイン | 大晦日から元旦にかけてのその3 »

大晦日から元旦にかけてのその2

2007年1月 8日

12月31日
その2

京セラドームのある九条から車を取りに帰ってから、
南港のインテックス大阪に向かう。

11時前にインデックス大阪に着いたら会場の大きさに滅茶苦茶ビビる!

恐らく京セラドーム三個分位はありますよ。

楽屋を探すのもひと苦労でした。
VIPなオールエリアパスを見せるとどこでも行けるんだけど、
会場裏にある楽屋から控え室に行く楽屋まで、
なんとマイクロバスがアーティストや関係者をピストン輸送しているのだ。


だからもしかしたら運良く椎名林檎とあいのり可能な訳ですな。(笑)


grapevine.jpg
GRAPEVINE(グレイプバイン)

グレイプバインのギターの西川君って、
大学の軽音楽部の同級生だったんだけど、
グレイプバインのライブは終わっていて、
僕がファンである佐野元春さんも終わりかけでちゃんと見れませんでした。

かなり残念。

マジ焼き肉に行かなきゃ良かった。
楽屋でご馳走振る舞われてたのになぁ~
とりあえず心の中で洋平のせいにしておく。


で11時20分からスカパラのライブが始まり、
カウントダウンの夜中の谷中さんのMCも冴え渡り、

見事に曲間にカウントダウン!

skapara-countdown-live.JPG  skapara-countdown-live-2.JPG

ところでカウントダウンまでの三時間位前に
既にあけおめメールが約10件ありましたが、
フライングする人って間違えたのか、目立ちたいのか(笑)、
睡魔に勝てなかったのか、適当に思われてるのか(笑)、

なんか良く分かりませんが、新年なんであんまり気にしないで行くことにしよう!

スカパラライブを見ながら2日前に納品した衣装分も含めて、
昨年はプレゼンしたり、仮縫いしたり、沢山の衣装を製作しました。

カウントダウンライブが至福の仕事納めとなったようです。

about this weblog
 大阪南船場でかれこれ十数年店舗を構える「BESPOKE TAILOR DMG」「made to」のオーダースーツを中心に取り扱うショップオーナー、小西正仁(通称KONY)が日常の生活や仕立て屋ライフについて語ります。
BESPOKE TAILOR DMG
BESPOKE TAILOR DMG
〒541-0059
大阪市中央区博労町4-2-7
  波多野ビル1F
TEL06-6243-7269
FAX06-6243-7268
info@bespoke-tailor-dmg.com OPEN-CLOSE/11:30-20:00
火曜定休日
http://www.bespoke-tailor-dmg.com/
パターンオーダースーツ
       ¥71,400〜
フルオーダースーツ
       ¥102,900〜
made to
BESPOKE TAILOR DMG 2nd
〒541-0059
大阪市中央区博労町4-5-6
野上ビル2F 205
TEL 06-6241-0203
FAX.06-6241-0234
madeto@bespoke-tailor-dmg.com OPEN-CLOSE/11:30-20:00
火曜定休日
made to オリジナル
レディメイドスーツ
       ¥50,400〜
■ 取り扱いブランド
〈ORDER SHOES〉
・Koji Suzuki -Spigora-
・Jason Amesburry from London
〈READYMADE SHOES〉
・TO&CO
・GMA
・foot the coacher
・AUTHENTIC SHOE&co
・YOSHIHARU HASEGAWA
〈CLOTHING〉
・made to
・HYPERION
・MONCLER
〈DENIM〉
・FULL COUNT
access map
アクセスマップ
rss feed
 RSSリーダなどで、このブログの更新情報をお手持ちの端末に取り込むことができます。
 RSSフィードは以下のデータのどれかをクリックして取得して下さい。
ATOM
RSS1.0
RSS2.0
monthly archive
recent comments
recent trackbacks
Powered by
Movable Type 5.02