« 新作入荷情報21 ~Flow~ | メイン | ロアーパーティー »

CMや広告

2007年8月 8日

model_index.jpg


こないだ地下鉄に乗ってたら、ある超薄型携帯の広告を目にしました。

外人女性のモデルはピタピタのナイロンストッキングに使うような伸びる生地で
スーツ風のコスチュームを着用。

モデルを採寸してパターンを作成し仕立てたモノにこれは違いない。

そしてなんと同じ車両には、僕が考えて仕立てたコスチューム衣装が
登場してる広告もたまたまあったんですよ。


だから自分がやっていない超薄型携帯の広告は、
尚更気になる訳です。(笑)


それは伸びる生地を使ってるから、
かなりパターンのごまかしは効くのだけど、
採寸箇所については多くの箇所を計ってることは多分に推測出来るし、
襟のつなぎめのゴージの感じも良いし、袖付けも良い感じですね


あとやっぱりサイジングに関しては
確信犯的に分かってる方の犯行に違いないね。


なんか知らない方の宣伝をしてしまった(笑)というだけでなく、
何が面白いのかを解説すると、

それはCMディレクターさん及びスタイリストさん自身が、
オーダーの価値観を少し取り入れて、
尚且つ注文することに慣れてきてるというか、
あがり加減を想定出来ている。

つまりは美味く利用していることが
昔と変わってきているということに他ならない。


つまりはオーダーとか、仕立てというモノが、
感度のある中で認知されつつあるかもしれない。


だから僕らも関わることでとにかく面白い訳です。


今現在も秋から始まるテレヴィCMの衣装を制作中です。

うちらしい提案も出来そうですよ。

あとユニークなのは5、6年位前に
シャープのコピー機の海外向けの広告のスーツを仕立てたんですが、
これがなんと変わってまして…

殆ど全ての縫い合わせるパーツを異なる生地にするという変わり種。

NHKの歌のお兄さんの衣装で似たのもあるんですが、
そっちは原色系のハッキリした生地なのに対して、
もうちょっと渋い色を使っています。

何故ならそのコピー機の性能ならば、
微妙な色や質感の違いがプリントに出ます。

ということをコンセプトにしている広告なんです。

about this weblog
 大阪南船場でかれこれ十数年店舗を構える「BESPOKE TAILOR DMG」「made to」のオーダースーツを中心に取り扱うショップオーナー、小西正仁(通称KONY)が日常の生活や仕立て屋ライフについて語ります。
BESPOKE TAILOR DMG
BESPOKE TAILOR DMG
〒541-0059
大阪市中央区博労町4-2-7
  波多野ビル1F
TEL06-6243-7269
FAX06-6243-7268
info@bespoke-tailor-dmg.com OPEN-CLOSE/11:30-20:00
火曜定休日
http://www.bespoke-tailor-dmg.com/
パターンオーダースーツ
       ¥71,400〜
フルオーダースーツ
       ¥102,900〜
made to
BESPOKE TAILOR DMG 2nd
〒541-0059
大阪市中央区博労町4-5-6
野上ビル2F 205
TEL 06-6241-0203
FAX.06-6241-0234
madeto@bespoke-tailor-dmg.com OPEN-CLOSE/11:30-20:00
火曜定休日
made to オリジナル
レディメイドスーツ
       ¥50,400〜
■ 取り扱いブランド
〈ORDER SHOES〉
・Koji Suzuki -Spigora-
・Jason Amesburry from London
〈READYMADE SHOES〉
・TO&CO
・GMA
・foot the coacher
・AUTHENTIC SHOE&co
・YOSHIHARU HASEGAWA
〈CLOTHING〉
・made to
・HYPERION
・MONCLER
〈DENIM〉
・FULL COUNT
access map
アクセスマップ
rss feed
 RSSリーダなどで、このブログの更新情報をお手持ちの端末に取り込むことができます。
 RSSフィードは以下のデータのどれかをクリックして取得して下さい。
ATOM
RSS1.0
RSS2.0
monthly archive
recent comments
recent trackbacks
Powered by
Movable Type 5.02