« お仕事が終わってからの夜の古都 | メイン | フォアグラーズコニーのナイスな松茸山 »

パイと清正公

2007年10月25日

熊本のお土産をいたただきました。

icyopai.jpg
「いちょうパイ」

熊本城の銀杏の葉っぱをベースにパイにして
焼き上げたちょっぴり甘いお菓子です。


icyopao-02.jpg
これがけっこうイケるんですわ!


お酒のアテになり船場のBARのglassで一気に食い尽くしてしまいました。

1人で食べたのでなく12枚のうち5枚位です。(笑)


夜のお菓子で有名なウナギパイに似た味だけど、
まだあっさりとしてるかなぁ

深夜三時頃のお菓子な感じです。(笑)

流石に総裁賞を取ったお菓子だけあります!

しかもその会社名は清正製菓という。
歴史好きにはかなりイケてる名前です。

勿論あの戦国武将の加藤清正ですよ。

皆さん加藤清正をご存知でしょうか?

秀吉と同郷の尾張中村に産まれ、
小姓として羽柴秀吉に仕える。

1583年の羽柴秀吉が柴田勝家を破った賤ヶ岳の戦いで奮戦し、
賤ヶ岳七本槍として後生にも名を挙げる。

その後も出世を重ね5年後には肥後(熊本)半国の大名領主となる。
朝鮮出兵では虎退治や勇猛果敢な戦いぶりから恐れられる。
秀吉の死後は気持ちは豊臣方ながらも、
石田三成や小西行長との不和が原因で、
まんまと反豊臣勢力として活躍し、
家康から肥後一国を与えられ50万石を越える大大名に躍進。

また築城の名人としても知られ名城熊本城を作った。
1611年没

そのイチョウパイと清正公で有名な熊本城で今年8月にスカパラが、
野外ライブを開催したというのも記憶に新しい。


Kumamotojo.jpg

熊本城には一度は行ってみたいですね。
石垣は一見登りやすそうで登りにくい構造になっているらしい。

お土産野村さんありがとー御座いました。

オイチカルカルです。

about this weblog
 大阪南船場でかれこれ十数年店舗を構える「BESPOKE TAILOR DMG」「made to」のオーダースーツを中心に取り扱うショップオーナー、小西正仁(通称KONY)が日常の生活や仕立て屋ライフについて語ります。
BESPOKE TAILOR DMG
BESPOKE TAILOR DMG
〒541-0059
大阪市中央区博労町4-2-7
  波多野ビル1F
TEL06-6243-7269
FAX06-6243-7268
info@bespoke-tailor-dmg.com OPEN-CLOSE/11:30-20:00
火曜定休日
http://www.bespoke-tailor-dmg.com/
パターンオーダースーツ
       ¥71,400〜
フルオーダースーツ
       ¥102,900〜
made to
BESPOKE TAILOR DMG 2nd
〒541-0059
大阪市中央区博労町4-5-6
野上ビル2F 205
TEL 06-6241-0203
FAX.06-6241-0234
madeto@bespoke-tailor-dmg.com OPEN-CLOSE/11:30-20:00
火曜定休日
made to オリジナル
レディメイドスーツ
       ¥50,400〜
■ 取り扱いブランド
〈ORDER SHOES〉
・Koji Suzuki -Spigora-
・Jason Amesburry from London
〈READYMADE SHOES〉
・TO&CO
・GMA
・foot the coacher
・AUTHENTIC SHOE&co
・YOSHIHARU HASEGAWA
〈CLOTHING〉
・made to
・HYPERION
・MONCLER
〈DENIM〉
・FULL COUNT
access map
アクセスマップ
rss feed
 RSSリーダなどで、このブログの更新情報をお手持ちの端末に取り込むことができます。
 RSSフィードは以下のデータのどれかをクリックして取得して下さい。
ATOM
RSS1.0
RSS2.0
monthly archive
recent comments
recent trackbacks
Powered by
Movable Type 5.02