« オーダースーツへの憧れ その3 | メイン | コレ何んで? »

オーダースーツへの憧れ その4

2008年6月14日

そのカス高の学祭では軽音楽部に所属してた
槇原君というピアノと歌が上手な人がいて、
陸上部の不破君に紹介してもらい
槇原君に直接デモテープとかを渡したような記憶があります。

何を話したかは殆ど内容は忘れてしまった。
確かファッションの話とかのような…
彼にお洒落さんですね!とか言われたような記憶が…

なんとその人こそあのどんなときも敬之な槇原君です。

当時カス高軽音では、何故かエレキ系ギターは禁止だったらしく、
槇原君はアコースティックバンドで
当時人気だったバービーボーイズのコピーをしてました。

勿論担当はキーボードと歌で、男性にしては声が高音だし、
根性別をいかして杏子さんのパートを歌っていた。(笑)

こないだ槇原君とテレビ局でたまたますれ違いましたが、
僕のことやそんなこんなも忘れてるだろうな(笑)

また人気なバンドが、当時カス高にはまだおりました。

学祭とかのレベルのライブには出ない
半プロ的な「春日丘カルピス」ってゆう化粧とかしてるバンドで、
高校生なのに深夜のテレビの音楽番組とかまで出てて、
かなりカッコ良いロックバンドだったことを覚えています。

またその更に数倍カッコ良かったのが、
カス高生は槇原君1人だけでしたが、
サポートキーボードで参加してた
槇原君の親戚のお兄さんの寺西さんが率いる
「すかんち」というプロみたいなオーラのバンドがありました。

あのローリー寺西さんがブレイクしたきっかけのバンドで、
最近また「すかんち」は再結成してやはり人気のようです。。

高校時代そうゆう身近に凄いと思う人とかを見たりしてしまうと、
自分が何も大したことない普通の小さい人間に感じてくるから、
今思えば単に自分が大人になりたくて
見栄はってスーツなんかを着てたような気がしてきます。

まぁそれから最近になって、
自分がローリ寺西さんのベルベットスーツを作ることになったのですが、
ずっと昔から彼のライブとか、テレビ朝日のポップジャムとかを
見てたからある程度計算して、自分なりに良いと言えるスーツを作れたと思います。

細木和子の「ズバリ言うわよ!」で着て下さってたんですが、
そらズバリ似合ってましたよ!


続く

about this weblog
 大阪南船場でかれこれ十数年店舗を構える「BESPOKE TAILOR DMG」「made to」のオーダースーツを中心に取り扱うショップオーナー、小西正仁(通称KONY)が日常の生活や仕立て屋ライフについて語ります。
BESPOKE TAILOR DMG
BESPOKE TAILOR DMG
〒541-0059
大阪市中央区博労町4-2-7
  波多野ビル1F
TEL06-6243-7269
FAX06-6243-7268
info@bespoke-tailor-dmg.com OPEN-CLOSE/11:30-20:00
火曜定休日
http://www.bespoke-tailor-dmg.com/
パターンオーダースーツ
       ¥71,400〜
フルオーダースーツ
       ¥102,900〜
made to
BESPOKE TAILOR DMG 2nd
〒541-0059
大阪市中央区博労町4-5-6
野上ビル2F 205
TEL 06-6241-0203
FAX.06-6241-0234
madeto@bespoke-tailor-dmg.com OPEN-CLOSE/11:30-20:00
火曜定休日
made to オリジナル
レディメイドスーツ
       ¥50,400〜
■ 取り扱いブランド
〈ORDER SHOES〉
・Koji Suzuki -Spigora-
・Jason Amesburry from London
〈READYMADE SHOES〉
・TO&CO
・GMA
・foot the coacher
・AUTHENTIC SHOE&co
・YOSHIHARU HASEGAWA
〈CLOTHING〉
・made to
・HYPERION
・MONCLER
〈DENIM〉
・FULL COUNT
access map
アクセスマップ
rss feed
 RSSリーダなどで、このブログの更新情報をお手持ちの端末に取り込むことができます。
 RSSフィードは以下のデータのどれかをクリックして取得して下さい。
ATOM
RSS1.0
RSS2.0
monthly archive
recent comments
recent trackbacks
Powered by
Movable Type 5.02