« スベラナイ話スペの話 | メイン | しんかんせんでいかんせん12 »

オーダースーツへの憧れ その7

2008年6月27日

そのM2という東横堀川沿いのクラブは、
その当時の自分にとってかなりクールでカッコ良かったし、
もうかなり前に無くなったんだけど
今あったとしてもかなり面白いと思います。

今だとデタイユのヤマナミさんのカフェなんか
ちょっと北の方だけど雰囲気とかかなり似たロケーションですね。

あとクールにイケてたのが、
その店の関係者やコアなお客さんは、
皆一様に黒のスーツを着ていたことである。

しかも皆ヨウジやギャルソンでちょっと派手好きな人はゴルチェとか、
個人的に一番イケてたのはその頃スペースで扱ってた
ジョンガリアーノやジョンリッチモンドだった気がする。

繊細なデザインに興味があった。

デビューした位のドルチェ&ガッバーナは
サルトリアやテイラード的に一番カッコ良かったけどかなり高いし、
その頃はやはり他のイタリアブランドが人気有りすぎて、
買ってた人は僅かだと思うし、かなりの目利きでしょう。

ちゃっかりオンワードのファミリーセールで一着買いました。

世の中的にはアルマーニとヴェルサーチが全盛期に入っていた時代だから、
そう考えるとやはり特殊なクラブだったと思う。

そんな人気全盛のイタリアブランドを着てる人が、
入りずらい珍しいクラブでなんかマニアックな価値観で滅茶苦茶面白かった。

僕はと言えばそんなことよりも当時は
何故だかライフワーク的にスーツ作りの研究としても
色んなスーツを借りたり、何とか手に入れたりしてました。

ギャルソンやヨウジは好きだったから
黒スーツはしっかり購入していて、
しかもそれを少し真似した感じで
うちの工房にてスーツを作ったりもしていました。

今思えば既にイージーオーダーのパターンシステムよりも
進歩した仕組みを当時に考えてたような気がします。

何かきっかけってありますし、
まだ当時はブティックミチかアトリエミチのネームでしたがね。

まあ10万以上出して買うよりは
作る方が少し位は安くなる訳で、
その分で楽器機材を買ったりレコードを買う訳です。

ただ当時から舶来モノはかなり生地も高かったし、
職人さんに工賃払うとギャルソンより高くつくこともあった。

コストを下げる為に自分で簡単な作業をしたり、
イギリスに行った時に直販の生地のルートを探すきっかけにもなりました。


続く


また、LIRIOさんにて、
「コニログスポーツ!」略して「コニスポ!!」をスタートしています。

皆に感動を与える様々なスポーツやその魂をリポートし、
知られざるアスリートの素顔や日常を
独自の真面目で面白い観点で追いながら、
こんな節度と緩さのあるスポーツ紙があったら良いなぁ~的に
エンターテイメントなども紹介していきます。

こちらも是非ご覧下さい。

about this weblog
 大阪南船場でかれこれ十数年店舗を構える「BESPOKE TAILOR DMG」「made to」のオーダースーツを中心に取り扱うショップオーナー、小西正仁(通称KONY)が日常の生活や仕立て屋ライフについて語ります。
BESPOKE TAILOR DMG
BESPOKE TAILOR DMG
〒541-0059
大阪市中央区博労町4-2-7
  波多野ビル1F
TEL06-6243-7269
FAX06-6243-7268
info@bespoke-tailor-dmg.com OPEN-CLOSE/11:30-20:00
火曜定休日
http://www.bespoke-tailor-dmg.com/
パターンオーダースーツ
       ¥71,400〜
フルオーダースーツ
       ¥102,900〜
made to
BESPOKE TAILOR DMG 2nd
〒541-0059
大阪市中央区博労町4-5-6
野上ビル2F 205
TEL 06-6241-0203
FAX.06-6241-0234
madeto@bespoke-tailor-dmg.com OPEN-CLOSE/11:30-20:00
火曜定休日
made to オリジナル
レディメイドスーツ
       ¥50,400〜
■ 取り扱いブランド
〈ORDER SHOES〉
・Koji Suzuki -Spigora-
・Jason Amesburry from London
〈READYMADE SHOES〉
・TO&CO
・GMA
・foot the coacher
・AUTHENTIC SHOE&co
・YOSHIHARU HASEGAWA
〈CLOTHING〉
・made to
・HYPERION
・MONCLER
〈DENIM〉
・FULL COUNT
access map
アクセスマップ
rss feed
 RSSリーダなどで、このブログの更新情報をお手持ちの端末に取り込むことができます。
 RSSフィードは以下のデータのどれかをクリックして取得して下さい。
ATOM
RSS1.0
RSS2.0
monthly archive
recent comments
recent trackbacks
Powered by
Movable Type 5.02