« ターンナップJK | メイン | 秋の実りをスペイン風に »

靴のお手入れ1

2008年9月18日

made toの森本です。






今回はの靴のお手入れについて
ご紹介させて頂きたいと思います。






靴のお手入れは基本的に簡単ですが、
お忙しい中、毎日手入れをするのはなかなか難しいと思います。






ブラッシングをするだけであれば、5分もかからないので、
出来るだけ履いた後にするように習慣づけたり、






クリームを入れるのは2週間に一度など
自分なりに手入れを行う目安を決め、
手入れを行うのがよいかと思います。






自分の靴をきっちり手入れしてやれば、
その分、長くお使い頂けますし、また、愛着も出てきます。






是非、皆様も実践して頂ければと思います。






それではmade toオリジナルストレートチップ
お手入れを開始します!






shoecare-1.jpg






まず、シューキーパーを靴に装着します。






シューキーパーを装着することで、履きジワが伸び、
シワの間の汚れが取れやすくなりますので、
必ず入れて下さい。






次に靴についた埃や汚れを取る為にブラッシングを行います。






horse-brush.jpg






ここで使用するブラシは出来れば毛先が細かく柔らかい
馬毛のもの、そして大判のものがベストです。






shoecare-2.jpg






アッパーが傷つくことはないので、
全体的にしっかりブラッシングして下さい。






shoecare-3.jpg






埃や汚れのたまりやすいウエルト部分は
特に入念に行って下さい。






これが一日、靴を履いた後に行う基本的なお手入れです。






次に汚れ取りですが、毎日行う必要はありません。
靴の使用頻度に応じて、数週間に1度行って下さい。






ブラッシングでしっかり埃、泥を取った後に
汚れを落としていきます。






stain-remover.jpg
ここで使用するのがステインリムーバーという汚れ落としです。






水性ですので、皮革の繊維の奥まで浸透し、
汚れを落とすと同時革本来のしなやかさが戻ります。






shoecare-4.jpg






ブラッシングでは取れなかった汚れや
前に塗ったクリームを落とすために
ステインリムーバーをクロスに少量含ませ、
靴全体を拭いて下さい。






強く擦るとアッパーを痛めることがあるので、
軽く拭いてやるのがポイントです。






shoecare-5.jpg






拭いているとクロスに色が付きます。






これは古い靴の表面やシワの間に残っている
クリームやワックスが取れた証拠です。






靴の表面の古いクリームやワックスが取れて、
光沢感がなくなれば汚れ落としを終了します。






shoe-cream.jpg






次にシュークリームを靴に塗り込み、
革に栄養を与えると共に補色をします。






これも汚れ落とし同様に靴の使用頻度に応じて、
数週間に一度行って下さい。






penetrate-brush.jpg






ここで使用するブラシが、ペネトレイトブラシという、
クリームを塗り込む際に非常に最適なブラシです。
小さく持ちやすいので、使い勝手も良いです。






shoecare-6.jpg






そのブラシに少量のシュークリームをとり、
シューズ全体に伸ばしていきます。






(ペネトレイトブラシの代わりにクロスでもよいです。)






その際、コバ部分などの細かな部分にまで
まんべんなく塗って下さい。






shoecare-7.jpg






塗り込みが済んだら、靴全体にクリームを広げ、
また余分なクリームを取るためにブラッシングをします。






white-brush.jpg






ここで使用するブラシはクリームを伸ばしやすくする為、
化繊や豚毛などのコシのあるものを使うのがポイントです。






shoecare-9.jpg






最後にブラッシングでは取りきれなかったクリームを
クロスを使用して取ります。






cashmere-cloth.jpg






通常のクロスでもかまわないのですが、
made toで使用しているのは職人が生地の端切れを使用して作った
カシミアクローブ・クロスです。






カシミアは目が細かいので、
お手入れの最後の仕上げには最適なのです!






余分なクリームもしっかりとれますし、
光沢感も随分と変わります。






shoecare-10.jpg
画像左)お手入れ後 画像右)お手入れ前






これで完成です。






分かりづらいかと思いますが、
画像右の左足と比べて、
画像左の右足の艶、光沢感が格段に増しております。






少し長くなりましたが、いかがでしたでしょうか?






基本的なポイントをおさえて頂ければ、
短時間で、出来るようになるかと思います。






何かご質問等がございましたら、
店頭にて詳細をご説明致しますので、
是非、ご来店下さい。






次回は靴のつま先などを光らせる
鏡面仕上げのご紹介をさせて頂きたいと思います。






お楽しみに~。






また、LIRIOさんにて、
「コニログスポーツ!」略して「コニスポ!!」をスタートしています。






皆に感動を与える様々なスポーツやその魂をリポートし、
知られざるアスリートの素顔や日常を
独自の真面目で面白い観点で追いながら、






こんな節度と緩さのあるスポーツ紙があったら良いなぁ~的に
エンターテイメントなども紹介していきます。






こちらも是非ご覧下さい。

about this weblog
 大阪南船場でかれこれ十数年店舗を構える「BESPOKE TAILOR DMG」「made to」のオーダースーツを中心に取り扱うショップオーナー、小西正仁(通称KONY)が日常の生活や仕立て屋ライフについて語ります。
BESPOKE TAILOR DMG
BESPOKE TAILOR DMG
〒541-0059
大阪市中央区博労町4-2-7
  波多野ビル1F
TEL06-6243-7269
FAX06-6243-7268
info@bespoke-tailor-dmg.com OPEN-CLOSE/11:30-20:00
火曜定休日
http://www.bespoke-tailor-dmg.com/
パターンオーダースーツ
       ¥71,400〜
フルオーダースーツ
       ¥102,900〜
made to
BESPOKE TAILOR DMG 2nd
〒541-0059
大阪市中央区博労町4-5-6
野上ビル2F 205
TEL 06-6241-0203
FAX.06-6241-0234
madeto@bespoke-tailor-dmg.com OPEN-CLOSE/11:30-20:00
火曜定休日
made to オリジナル
レディメイドスーツ
       ¥50,400〜
■ 取り扱いブランド
〈ORDER SHOES〉
・Koji Suzuki -Spigora-
・Jason Amesburry from London
〈READYMADE SHOES〉
・TO&CO
・GMA
・foot the coacher
・AUTHENTIC SHOE&co
・YOSHIHARU HASEGAWA
〈CLOTHING〉
・made to
・HYPERION
・MONCLER
〈DENIM〉
・FULL COUNT
access map
アクセスマップ
rss feed
 RSSリーダなどで、このブログの更新情報をお手持ちの端末に取り込むことができます。
 RSSフィードは以下のデータのどれかをクリックして取得して下さい。
ATOM
RSS1.0
RSS2.0
monthly archive
recent comments
recent trackbacks
Powered by
Movable Type 5.02