« 新作入荷情報42 ~SILVER ACCERRORY~ | メイン | 新作入荷情報43 ~COOL STRUTTIN' &co. KNIT~ »

メンinエポック ■ツイードのジャケット□

2008年11月27日

ご好評頂いております読売新聞西日本版、






11月24日月曜日の朝刊に掲載された






「メンインエポック」の最新号をお届けします。












冬、ダウンジャケット類を羽織る男性をよく見かける。

軽くて温かく使い勝手はいいが、
関西で活躍するテーラー小西正仁さん(38)は






「たまには紳士のたしなみとして、
厚手のジャケットも悪くない」と話す。












強い北風や雪の日は、
やはり丈夫なツイードが良い。






柔らかくて温かいカシミヤと違い、
無骨で男臭い印象もあるが、
それが逆にダンディーでしゃれている。






ただ生地が重いのでコートよりもジャケットがおすすめだ。






ところで、その名の由来をご存じだろうか?






産業革命の前、原産地のスコットランドでは、
その生地の織り方である
綾織(ツイル=tweel)と呼んでいた。






生地は南へと運ばれ、
ロンドンの商人やテーラーが間違って
ツイルをツイード(tweed)と表記してしまった。






理由は定かではなく、
なまりを聞き間違ったとも、
スコットランドの首都エジンバラを流れる
ツイード川から勘違いしたとも言われる。












間違いはそのままになり、
いつの間にか原産地でもこうした生地のほとんどを
ツイードと呼ぶようになった。






ハリス島に由来するハリスツイードや、
エジンバラツイードなどは
トラッドやアイビーの定番だ。












この冬のお勧めは、
薄いグレーのヘリンボーン(杉綾)や
少し大きめのチェック柄や千鳥格子。






擦り切れるまで着ても、
エルボーパッチをあてたり
襟を革に取り替えたりすれば、
さらに味が出て格好良くなるのも
魅力の一つといえる。











08-11-24-Tweed.jpg
イラスト・仲里カズヒロ氏

about this weblog
 大阪南船場でかれこれ十数年店舗を構える「BESPOKE TAILOR DMG」「made to」のオーダースーツを中心に取り扱うショップオーナー、小西正仁(通称KONY)が日常の生活や仕立て屋ライフについて語ります。
BESPOKE TAILOR DMG
BESPOKE TAILOR DMG
〒541-0059
大阪市中央区博労町4-2-7
  波多野ビル1F
TEL06-6243-7269
FAX06-6243-7268
info@bespoke-tailor-dmg.com OPEN-CLOSE/11:30-20:00
火曜定休日
http://www.bespoke-tailor-dmg.com/
パターンオーダースーツ
       ¥71,400〜
フルオーダースーツ
       ¥102,900〜
made to
BESPOKE TAILOR DMG 2nd
〒541-0059
大阪市中央区博労町4-5-6
野上ビル2F 205
TEL 06-6241-0203
FAX.06-6241-0234
madeto@bespoke-tailor-dmg.com OPEN-CLOSE/11:30-20:00
火曜定休日
made to オリジナル
レディメイドスーツ
       ¥50,400〜
■ 取り扱いブランド
〈ORDER SHOES〉
・Koji Suzuki -Spigora-
・Jason Amesburry from London
〈READYMADE SHOES〉
・TO&CO
・GMA
・foot the coacher
・AUTHENTIC SHOE&co
・YOSHIHARU HASEGAWA
〈CLOTHING〉
・made to
・HYPERION
・MONCLER
〈DENIM〉
・FULL COUNT
access map
アクセスマップ
rss feed
 RSSリーダなどで、このブログの更新情報をお手持ちの端末に取り込むことができます。
 RSSフィードは以下のデータのどれかをクリックして取得して下さい。
ATOM
RSS1.0
RSS2.0
monthly archive
recent comments
recent trackbacks
Powered by
Movable Type 5.02