« 東京プレスルーム開設のお知らせ | メイン | 明智左馬助の恋 小西編 その2の2 »

明智左馬助の恋その2 小西編

2009年5月11日

aketi-1.jpg






私小西がこの本の論評を書きたいと思います。






うちの森本が感想文を書いたこの「明智左馬助の恋」
えっと~僕は発売日すぐに購入しすぐ一気に読みました。






確か2年半位前だったかと…






著書加藤廣氏が考案したこの信長三部作、






「信長の棺」、「秀吉の枷」、この「明智左馬助の恋」、というのは、
作者が本能寺の変の新たな説を唱えるという点を、






巧みに擦り合わせたことから考えられた
作品であることにまず違いない。






そういう限定されたストーリーの中で、
非常に繋がりがうまく書けている作品だと感心しました。






ただたったひとつ個人的な思いとして残念だったのは
「秀吉の枷」の文中にて歴史考証における大きな間違いがあったことを、






出版社に書面で指摘したのに、
全くその連絡や説明が無かったことは
1読者として少し残念でした。






時代考証に誠実な作者にとって、
まず気にならない訳がないのだが…






さてこの明智左馬助なる人物像は、
歴史マニアな私にとっても非常に興味深い逸材で御座いまして、






彼の立場を説明しますと明智家の養子!






所謂マスオさんです。






元々は三宅という姓でした。






ですから明智光秀の後継者と
言われていたことはまず間違いない。






左馬助という人物は、
様々な文献から語られてる人間像をみると、
やはりかなり誠実な方であったようだ。






山崎の合戦後に光秀が死んで、
翌日最後に左馬助がたて籠った近江坂本城にて、






自刃する前に城に蓄えてあった全ての財宝や
貴重品を秀吉方の武将、堀秀政に託したという
エピソードは誠しやかに有名な話。






そういう彼のイメージを中心にして
綴られたのが左馬助の恋であり、






この三部作の真相である信長の死体の有無についてである。






その2の2に続く

about this weblog
 大阪南船場でかれこれ十数年店舗を構える「BESPOKE TAILOR DMG」「made to」のオーダースーツを中心に取り扱うショップオーナー、小西正仁(通称KONY)が日常の生活や仕立て屋ライフについて語ります。
BESPOKE TAILOR DMG
BESPOKE TAILOR DMG
〒541-0059
大阪市中央区博労町4-2-7
  波多野ビル1F
TEL06-6243-7269
FAX06-6243-7268
info@bespoke-tailor-dmg.com OPEN-CLOSE/11:30-20:00
火曜定休日
http://www.bespoke-tailor-dmg.com/
パターンオーダースーツ
       ¥71,400〜
フルオーダースーツ
       ¥102,900〜
made to
BESPOKE TAILOR DMG 2nd
〒541-0059
大阪市中央区博労町4-5-6
野上ビル2F 205
TEL 06-6241-0203
FAX.06-6241-0234
madeto@bespoke-tailor-dmg.com OPEN-CLOSE/11:30-20:00
火曜定休日
made to オリジナル
レディメイドスーツ
       ¥50,400〜
■ 取り扱いブランド
〈ORDER SHOES〉
・Koji Suzuki -Spigora-
・Jason Amesburry from London
〈READYMADE SHOES〉
・TO&CO
・GMA
・foot the coacher
・AUTHENTIC SHOE&co
・YOSHIHARU HASEGAWA
〈CLOTHING〉
・made to
・HYPERION
・MONCLER
〈DENIM〉
・FULL COUNT
access map
アクセスマップ
rss feed
 RSSリーダなどで、このブログの更新情報をお手持ちの端末に取り込むことができます。
 RSSフィードは以下のデータのどれかをクリックして取得して下さい。
ATOM
RSS1.0
RSS2.0
monthly archive
recent comments
recent trackbacks
Powered by
Movable Type 5.02