« foot the coacher(フットザコーチャー)プレスリリース情報 | メイン | Barbour(バーブァー) BEAUFORT & NTERNATIONAL »

サヴィルロウ・フィールド・デイ

2010年10月14日

ロンドンから面白いニュースが届きました。

つい先日の10/11、ロンドンのサヴィル・ロウが牧場と化したというのです。
Seep
英国のチャールズ皇太子が発案し、パトロンに就任して準備を進めてきた
ウール需要喚起の為の「ザ・キャンペーン・フォー・ウール5カ年計画」
が本格的に始動し始めました。

同キャンペーンはウールの素晴らしさを消費者に訴え、消費を促進することで
牧羊業界の振興に結び付けるのが狙いで、チャールズ皇太子の呼びかけに応じて
英国羊毛公社、オーストラリアン・ウール・イノベーション(AWI)、
国際羊毛繊維機構(IWTO)、ニュージーランド牧羊業界が資金を拠出し、

英国内の服地・アパレルメーカー、カーペット・寝装寝具・断熱材業者、
小売店など、ウールに関わる業者に参加を募ってきました。

初年度最大のイベントとして、10/11~10/17の間に
ロンドンの有力小売店を総動員して開催されるのが
「ウール・ウィークキャンペーン」

キャンペーンに参加するサヴィルロウ・ビスポーク協会は
ウール・ウィーク初日の 10/11 を「サヴィルロウ・フィールド・デイ」として、
何と、サヴィル・ロウの車道に芝生を敷き詰め、
歩道との間に柵を立て、羊を放牧したのです。
Heepgetty

その模様を撮影したがこちらの動画。
動画の後半ではリチャード・ジェイムスがインタヴューを受けています。


「サヴィルロウ・フィールド・デイ」はウールマーク・インターナショナルと
高級服地メーカーのフォックス・ブラザーズ、ドーメル等が協賛し、
この日は、サヴィルロウの各テーラーがオープン・ハウスとして店内を公開しました。

更には、アンダーソン&シェパード及び、ギーブス&ホークスが制作した
ウールスーツを着込んだ、2名の羊飼いが、羊たちの世話を行ったそうです。
Seep2

ちなみに同キャンペーンの合言葉は
"All we are saying is give fleece a chance."ですが、
こちらはイギリスらしく、ジョン・レノンの名曲
「Give Peace a Chance」に引っ掛けています。

羊毛を我等に!!

about this weblog
 大阪南船場でかれこれ十数年店舗を構える「BESPOKE TAILOR DMG」「made to」のオーダースーツを中心に取り扱うショップオーナー、小西正仁(通称KONY)が日常の生活や仕立て屋ライフについて語ります。
BESPOKE TAILOR DMG
BESPOKE TAILOR DMG
〒541-0059
大阪市中央区博労町4-2-7
  波多野ビル1F
TEL06-6243-7269
FAX06-6243-7268
info@bespoke-tailor-dmg.com OPEN-CLOSE/11:30-20:00
火曜定休日
http://www.bespoke-tailor-dmg.com/
パターンオーダースーツ
       ¥71,400〜
フルオーダースーツ
       ¥102,900〜
made to
BESPOKE TAILOR DMG 2nd
〒541-0059
大阪市中央区博労町4-5-6
野上ビル2F 205
TEL 06-6241-0203
FAX.06-6241-0234
madeto@bespoke-tailor-dmg.com OPEN-CLOSE/11:30-20:00
火曜定休日
made to オリジナル
レディメイドスーツ
       ¥50,400〜
■ 取り扱いブランド
〈ORDER SHOES〉
・Koji Suzuki -Spigora-
・Jason Amesburry from London
〈READYMADE SHOES〉
・TO&CO
・GMA
・foot the coacher
・AUTHENTIC SHOE&co
・YOSHIHARU HASEGAWA
〈CLOTHING〉
・made to
・HYPERION
・MONCLER
〈DENIM〉
・FULL COUNT
access map
アクセスマップ
rss feed
 RSSリーダなどで、このブログの更新情報をお手持ちの端末に取り込むことができます。
 RSSフィードは以下のデータのどれかをクリックして取得して下さい。
ATOM
RSS1.0
RSS2.0
monthly archive
recent comments
recent trackbacks
Powered by
Movable Type 5.02