« FPM最新ニュース | メイン | DZAIN »

フェイクなドレスシューズ

2006年04月18日

BESPOKE TAILOR DMGの宮本です。


今回は私からスーツにちなんだJAZZのお話を…。
先日、DMGの隣店made toに、
「Jon Lurie(ジョンルーリー)」なる名前を冠した靴が入荷しました。

Jon Lurie(ジョンルーリー)といえば、俳優、監督として、
そして、なんと言っても
そのデビュー当時のアバンギャルドな演奏スタイルを
フェイク(インチキ)ジャズとかパンクジャズ等と称された、
Lounge Lizards{(ラウンジリザーズ)を率いていたミュージシャンとしても有名なお方。

jonlurie.jpg
Jon Lurie(ジョンルーリー)



そんな彼のスーツスタイルはといえば、
細身な身体に少しオーバーサイズのスーツをヨレっと着こなす
ルーズなんだけど、だらしなくない都会的な着こなしで
彼の音楽同様、斜に構えた感じが非常にカッコイイのです。

という訳で、
久々に手持ちのLounge Lizards{(ラウンジリザーズ)のCDを聞きながら
このブログを書いているのですが、
Lounge Lizards{(ラウンジリザーズ)という
フィルターを通して表現されるジャズは
モダンジャズとはまた違う漂々としたカッコよさと緊張感が感じられて、
デビュー当時フェイクジャズと称された
その演奏は、“インチキ”とか“如何わしい”とかいった
意味合いでの「フェイク」ではなく、
演奏者の解釈による“崩し”とか“遊び”を意味する
ジャズの表現方法として使われる
「フェイク」と捉えるべきなんだなぁと思うのでありました。

loungelizards.jpg
NO PAIN FOR CAKES / Lounge Lizards{(ラウンジリザーズ)



冒頭にお話したJon Lurie(ジョンルーリー)へのオマージュとして作られた
その靴も、ドレスシューズをfoot the coacherの感性で
小粋に「フェイク」した不思議な存在感の一足となっております。

jr.JPG
foot the coacher \47150-
Jon Lurie(ジョンルーリー)モデル
*完売致しました!


こちらは長谷川良治氏がジャズマンをイメージしたというストレートチップ。
クラシックな中にもさりげない色気が漂う一足。

yoshiharuhasegawa.JPG
YOSHIHARU HASEGAWA \79800-
*8・1/2のみ


ご興味ある方は是非、お店に見にいらして下さい!

BESPOKE TAILOR DMG
BESPOKE TAILOR DMG
〒541-0059
〒541-0059
大阪市中央区博労町4-2-7
  波多野ビル1F
TEL&FAX.06-6243-7269
> info@bespoke-tailor-dmg.com OPEN-CLOSE/11:30-20:00
火曜定休日
http://www.bespoke-tailor-dmg.com/

パターンオーダースーツ
         ¥71,400〜
フルオーダースーツ
         ¥102,900〜
made to
BESPOKE TAILOR DMG 2nd
大阪市中央区博労町4-5-6
  野上ビル2F 205
TEL.06-7663-9946
FAX.06-6241-0203
madeto@bespoke-tailor-dmg.com
OPEN-CLOSE/11:30-20:00
火曜定休日
made to オリジナル
 レディメイドスーツ
         ¥50,400〜
■ 取り扱いブランド
〈ORDER SHOES〉
・Koji Suzuki -Spigora-
・Jason Amesburry from London
〈READYMADE SHOES〉
・TO&CO
・GMA
・foot the coacher
・AUTHENTIC SHOE&co
・YOSHIHARU HASEGAWA
〈CLOTHING〉
・made to
・HYPERION
・MONCLER
〈DENIM〉
・FULL COUNT
access map
アクセスマップ
rss feed
 RSSリーダなどで、このブログの更新情報をお手持ちの端末に取り込むことができます。
 RSSフィードは以下のデータのどれかをクリックして取得して下さい。
ATOM
RSS1.0
RSS2.0
monthly archive