« フォアグラーズコニーのナイスグルメ7 | メイン | ベアーブリック »

「ひきこもり国家日本」

2007年07月09日

takashiroshi-books-001.jpg
ひきこもり国家日本


高城剛さんの最新作「ひきこもり国家日本」は
ハニカム藤原ヒロシさんや色んな方が評価してるように、
今を生きる都会人には凄く参考になる本です。

僕は高城剛さんには昔からとても興味があり、
凄い先端サブカルチャーな考えを持った人なんだけど、
エリートビジネスマン的な側面を持っていたり、
うまくは言えないんだけど、とにかく僕にとって凄くイケてる人なのです。

昨年ウナセラで名刺交換してからちょくちょくハガキが届くんですが、
その文面やデザイン、内容にいつもヤラレチャイマスね~!

なんてカッコイい人なんだ!って不思議な位に思うんで、
FPM田中さんや女優のカヨちゃんに色々と高城さんの話を聞くんだけど、
またその聴いた話が、またまた超カッコ良すぎて、
高城ワールドの深みにハマりそうです。(笑)


今夏、うちのメイドトゥでも大プッシュしている半ズボンスーツなんか、
高城さんは13年前に当時のサビルロウのオズワルドボーディングのアトリエにて、
なんとビスポークで半ズボンスーツをオーダーしているのです。


half-pant-suit.jpg


当時色んな雑誌で紹介されてたけど、
あんまり話題にならなかったと思います。(笑)

オズワルドもその件にはびっくりしたらしくて、
以前本人からもその話を聞いたこともある。(笑)

ニューヨークで人気のトムブラウンより余裕で10年先を行っているし(笑)、
誰の真似でもない高城的発想はどこまでもグローバルな視点だ。

多分オズワルド君にしてもトムブラウンの半ズボンを初めて見た時は、
高城さんを思い出したに違いない。

テイラーとはなかなかどうして誰しもそういうものなんですよね。

そしてこの本できずかされたことは、
こんな風に蘊蓄を言ってるだけじゃなくって(笑)、

ボーっとしていたら日本人が世界の先進国から取り残されるぞ!

ってリアルな緊急話です。

このひきこもり国家現象について、
次回はテイラー業から見た側面で述べて行きたいと思います。

高城さん素晴らしい本を有難う御座います。

BESPOKE TAILOR DMG
BESPOKE TAILOR DMG
〒541-0059
〒541-0059
大阪市中央区博労町4-2-7
  波多野ビル1F
TEL&FAX.06-6243-7269
> info@bespoke-tailor-dmg.com OPEN-CLOSE/11:30-20:00
火曜定休日
http://www.bespoke-tailor-dmg.com/

パターンオーダースーツ
         ¥71,400〜
フルオーダースーツ
         ¥102,900〜
made to
BESPOKE TAILOR DMG 2nd
大阪市中央区博労町4-5-6
  野上ビル2F 205
TEL.06-7663-9946
FAX.06-6241-0203
madeto@bespoke-tailor-dmg.com
OPEN-CLOSE/11:30-20:00
火曜定休日
made to オリジナル
 レディメイドスーツ
         ¥50,400〜
■ 取り扱いブランド
〈ORDER SHOES〉
・Koji Suzuki -Spigora-
・Jason Amesburry from London
〈READYMADE SHOES〉
・TO&CO
・GMA
・foot the coacher
・AUTHENTIC SHOE&co
・YOSHIHARU HASEGAWA
〈CLOTHING〉
・made to
・HYPERION
・MONCLER
〈DENIM〉
・FULL COUNT
access map
アクセスマップ
rss feed
 RSSリーダなどで、このブログの更新情報をお手持ちの端末に取り込むことができます。
 RSSフィードは以下のデータのどれかをクリックして取得して下さい。
ATOM
RSS1.0
RSS2.0
monthly archive