« センゴク天正記 | メイン | 京名物 »

オーダースーツへの憧れ11

2008年07月18日

就職活動の中では2社だけ
総務の人事課長さんに気に入られた。

自分で服を作っていることや音楽活動などに
興味を持ってくれたりして、
こいつは面白いと思ってくれたのだと思う。

ちょっと変わり種の会社だったかもしれない。(笑)

色々と褒められたので嬉しくなり、
そのどちらかに入社しようと思いながら
某シャツメーカーに入社する。

当時既製品のシャツメーカーではまあまあ大手で、
拘りの薄いオーダーシャツなんかも手掛けている会社でした。

三回生の時点で既に大学の単位は全てとっていたので、
就職が決まった四回生の夏以降は残された時間は、
作曲活動やバイトをしながら
そのお金で毎月のように頑張ってレコーディングをした。

その頃に知り合った友人達と
ハウスミュージックのユニット「MASTERINC」を組んだ。

2年後の93年には自主制作ながらCDも出した。
毎月ライブもしてました。
タワレコやHMVではまあまあ売れたみたいでした。

その頃衣装的なモノも自分で作ったり、
既製品に手を加えたりして使用していました。

またCDのジャッケットデザインや販促品を考える中で、
フォント及びグラフィックデザインの重要性や
格好良さのイメージの確立ってのが、
アーティストとして、お洒落度として不可欠であることを学んだ。

当時の僕にとってのカリスマは
まさにその筋の確信犯とも言うべきピチカートファイヴだった。

まだ野宮さんが加入し始めで、
小西&高浪氏の時代である。

同じ名字の知らない凄い人を発見したことにビビる。

戦国大名の小西行長や、
タレントの小西博之を知った時の数百倍は感動した。

その名は小西康晴さん

まぁ会社に通いながらの音楽活動は
スケジュールとか大変だったけど楽しかったし、
その当時知り合った人で
今もプロミュージシャンとして活躍してる人もいるし、
なんか良い思い出かもしれない。

その当時バントのテーマに掲げていたMODE&MONEYという観点は、
自己の才能を見つめて生活して生きていく中で、
今も自分や会社の考えの基本となっていると思います。


続く


また、LIRIOさんにて、
「コニログスポーツ!」略して「コニスポ!!」をスタートしています。

皆に感動を与える様々なスポーツやその魂をリポートし、
知られざるアスリートの素顔や日常を
独自の真面目で面白い観点で追いながら、
こんな節度と緩さのあるスポーツ紙があったら良いなぁ~的に
エンターテイメントなども紹介していきます。

こちらも是非ご覧下さい。

BESPOKE TAILOR DMG
BESPOKE TAILOR DMG
〒541-0059
〒541-0059
大阪市中央区博労町4-2-7
  波多野ビル1F
TEL&FAX.06-6243-7269
> info@bespoke-tailor-dmg.com OPEN-CLOSE/11:30-20:00
火曜定休日
http://www.bespoke-tailor-dmg.com/

パターンオーダースーツ
         ¥71,400〜
フルオーダースーツ
         ¥102,900〜
made to
BESPOKE TAILOR DMG 2nd
大阪市中央区博労町4-5-6
  野上ビル2F 205
TEL.06-7663-9946
FAX.06-6241-0203
madeto@bespoke-tailor-dmg.com
OPEN-CLOSE/11:30-20:00
火曜定休日
made to オリジナル
 レディメイドスーツ
         ¥50,400〜
■ 取り扱いブランド
〈ORDER SHOES〉
・Koji Suzuki -Spigora-
・Jason Amesburry from London
〈READYMADE SHOES〉
・TO&CO
・GMA
・foot the coacher
・AUTHENTIC SHOE&co
・YOSHIHARU HASEGAWA
〈CLOTHING〉
・made to
・HYPERION
・MONCLER
〈DENIM〉
・FULL COUNT
access map
アクセスマップ
rss feed
 RSSリーダなどで、このブログの更新情報をお手持ちの端末に取り込むことができます。
 RSSフィードは以下のデータのどれかをクリックして取得して下さい。
ATOM
RSS1.0
RSS2.0
monthly archive